小児科の専門医が、責任をもって診察します。

大人と子どもとでは一見同じに見える病気であっても、対処法や治療法が全く異なることが殆どです。
わんぱくクリニックでは、小児の診療を専門とした医師が、専門医としてのプライドを持って診療に当たっています。
様子を見る場合であっても、いつまで様子を見るのか、どういったときに受診すべきなのかを、しっかりとお伝えします。

「病気を治す」ではなく「患者さんを治す」

病気だけを見るのではなく、お子さんの全体を見ながら、一人ひとりの成長・発達に必要な治療やアドバイスをしていきます。

 

子育て支援

小児科クリニックとしての責務は、お子さんの病気を治すことだけではありません。
ご両親がお子さんを安心して育てることができるようになるための社会貢献も大切です。
わんぱくクリニックでは、病児保育室を併設しています。
普段、保育園に通っているお子さんが感染症にかかり、保育園を休まなければいかなくなった際に、お子さんをお預かりすることができますので、安心してお仕事に専念なさってください。